RE-CARE アワード 〜超高齢社会における産業のありかたを考える〜

リハビリ・介護予防サービスの展示会「RE-CARE JAPAN」では、公的介護保険外で「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」を実現しているサービス・製品の周知と保険外サービスの発展を目的として2018年に「RE-CAREアワード」を開設し、今年2019年に第2回を迎えます。当アワードでは①ヘルステック、②介護予防・リハビリサービス、③産官学連携の3部門を対象として表彰を行い、より良いサービス・製品の普及を行います。

当アワードと「RE-CARE JAPAN2019」、および、同時開催のスポーツ・健康産業の総合展「SPORTEC Health and Fitness Japan2019」を通じて、QOLの高い自立生活を支援し、世界最先端の超高齢社会・日本が抱えている医療費、介護費の効率化に貢献し、超高齢社会をより豊かにする社会モデル・事業モデルを世界に発信していきます。

RE-CARE アワード2019概要 RE-CARE AWARD 2019

概要

実施団体

主催:RE-CARE JAPAN実行委員会

特別協力:株式会社日本総合研究所

実施期間

応募受付:2019年3月1日(金)~2019年4月26日(金)

表彰式:RE-CARE JAPAN 2019特設会場(東京ビッグサイト)

表彰

表彰式:7月10日(水)、RE-CARE JAPAN2019内特設会場

正賞:記念品(盾)、賞状

副賞:RE-CAREアワード記念シンポジウムでのプレゼンテーション/パネルディスカッション(座長:田中滋(埼玉県立大学理事長・慶應義塾大学名誉教授))

募集要項

応募対象
  • 介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援に関連するサービス・製品を有する企業・団体、並びにそのコンソーシアム(自治体、企業、社会福祉法人などの共同体)
  • 2019年4月までに、提供が開始されているサービス・製品
募集部門

①ヘルステック部門
各種の先進技術・テクノロジーを活用して「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」を実現しているサービス・製品

②介護予防・リハビリサービス部門
「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」に関して地域が抱えている課題解消に貢献しているサービス・製品

③産官学連携部門
自治体、民間事業者(株式会社、社会福祉法人、NPO団体、など)、大学などの研究機関のうち2者以上が連携して、高齢者の社会参加を通じた「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」に貢献している取り組み(レクリエーションやエンターテイメントなどを活用した総合的な企画、など)。

応募用紙をダウンロードしてご応募ください。

※詳細はこちらの資料をご確認ください。

2018年度 授賞式の様子

展示会SPORTEC2018会期中の2018年7月26日(木)に、展示会場内のイベントステージにて、第1回RE-CAREアワード授賞式が開催されました。会場には応募・受賞団体の方々をはじめ、その他にも多数の業界関係者がお集まりいただきました。
冒頭には、審査委員長をお務めいただいた田中滋先生(埼玉県立大学理事長・慶応義塾大学名誉教授)から当アワードへの篤い期待が篭るお言葉をいただき、受賞団体の代表者へトロフィーを授与いただきました。続いて、各団体の代表者から応募サービス・製品のプレゼンテーションが行なわれ、授賞式の最後には田中先生を座長として、各部門の金賞受賞団体代表者と活発な質疑が伴うパネルディスカッションが行われ、今後の事業展開や新たな取り組みにつながる熱い議論が交わされました。
各受賞者の皆様には当アワードの受賞を各所でご活用いただいております。

2018年度 結果

お問合せ

主催:RE-CARE JAPAN事務局
〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-21
インテック88ビル9階
電話:03-6273-0403(土・日曜、祝日を除く10時~17時)
メール:loading...

TOPへ