RE-CARE アワード 2018 ~超高齢社会における産業のあり方を考える~

【主催】 RE-CARE JAPAN 実行委員会 【特別協力】 株式会社日本総合研究所

実施期間

応募受付
2018 年5 月22 日(火)~ 6 月22 日(金)
表彰式
RE-CARE JAPAN 2018
特設会場(東京ビッグサイト)
  • photo11
  • photo12
  • photo13

リハビリ・介護予防サービスの展示会「RE-CARE JAPAN」では、公的介護保険外で「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」を実現しているサービス・製品の周知と保険外サービスの発展を目的として「RE-CAREアワード」を開設しました。①ヘルステック、②介護予防・リハビリサービス、③コラボレーション・連携の3部門を対象として表彰を行います。

このアワードと「RE-CARE JAPAN2018」、および、同時開催のスポーツ・健康産業の総合展「SPORTEC2018」と食・栄養の専門展「ウェルネスフードジャパン」を通じて、QOLの高い自立生活を支援し、世界で最も進んでいる超高齢社会である日本が抱えている医療費・介護費の効率化に貢献することを通じて、超高齢社会の社会モデル・事業モデルを世界に発信していきます。

  • photo14
  • photo15
  • photo16

募集部門

ヘルステック部門
各種の先進技術・テクノロジーを活用して「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」を実現しているサービス・製品
介護予防・リハビリサービス部門
「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」に関して地域が抱えている課題解消に貢献しているサービス・製品
コラボレーション・連携部門
自治体と民間事業者(株式会社、社会福祉法人、NPO団体、など)が連携して、高齢者の社会参加を通じた「介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援」に貢献している取り組み(レクリエーションやエンターテイメントなどを活用した総合的な企画、など)

表彰

正賞
記念品(盾)、賞状
副賞
RE-CARE JAPAN 2018 特設会場におけるサービス・商品等の展示RE-CARE アワード記念シンポジウムでのプレゼンテーション/ パネルディスカッション 座長:田中滋(慶應義塾大学名誉教授)

応募対象

介護予防、フレイル予防、高齢者リハビリ、自立生活支援に関連するサービス・製品を有する企業・団体、並びにそのコンソーシアム(自治体、企業、社会福祉法人などの共同体)での応募を推奨します。

審査委員

  • 慶應義塾大学名誉教授

    田中 滋

  • 桜美林大学老年学総合研究所 所長、
    国立長寿医療センター理事長特任補佐

    鈴木 隆雄

  • 東京大学高齢社会総合研究機構
    特任教授

    辻 哲夫

  • シルバーサービス振興会
    常務理事

    中井 孝之

  • 和光市保健福祉部長

    東内 京一

  • 株式会社クラブビジネスジャパン
    代表取締役

    古屋 武範

  • 株式会社ミナケア代表取締役、
    医師、MBA

    山本 雄士

  • 株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門
    戦略コンサルティンググループ
    マーケティング&イノベーション戦略クラスター
    マネージャー

    紀伊 信之

選考

審査委員による厳正な審査により選考されます。

1 次審査
個々の審査委員による書類選考、非公開
2 次審査
R審査委員による合同審査、非公開

応募先・応募方法

期日
2018 年6 月22 日
方法
応募申込書と関係資料を下記送付先にメールまたは郵送で送付

送付先

RE-CARE アワード事務局(TSO International 株式会社内)
〒160-0007 東京都新宿区荒木町20-21 インテック88 ビル9 階
E-mail:info@info@re-care.co.jp